マンハッタンでタクシーアプリ「Via」で相乗りタクシーに乗る

2017年ニューヨーク

タクシーアプリ「via」ってなあに?

タクシーアプリというものを使ったのは、初めてでした。(現在東京など一部は使用可能なアプリあり)

 

「タクシーアプリ」とは?

位置情報を使って、「現在位置」と「行きたい場所」をタクシーで移動する「配車アプリ」のこと。特に海外での利用は、慣れない英語を喋らなくていいのも便利でした。

 

 

そして、今回ご紹介する「Via」

 

日本語で直訳すると「経由」という意味。日本では馴染みのない「相乗りタクシー」なのです。 マンハッタンでは、とても便利で使い倒していたので!?「操作方法」や「使い方のコツ」を忘れないうちに書いておきたいと思います。

 

 

 

「Via」をダウンロードする

(1)  Viaのアプリをダウンロード
(2) 自分の情報を入力。クレジットカード情報を入力。
(3) 今回は、キャンペーン中?の7日間乗り放題 63ドルコースを選びました。(これは一人プランです。2人以上で乗るときは追加料金を払えば大丈夫。乗る前に距離や人数で金額が表示されるので、それをみて決定してOK)

h

d

「Via」の基本的使い方

(1)passengerを1人に合わせる。

 

(2)<set pick up >に乗りたい場所を合わせる(現在位置など)

 

 

 

 

 

写真_2017-09-17_13_12_55

 

 

 

(3)<set drop drop off> に行きたい場所に合わせる

 

 

 

写真_2017-09-17_13_13_11

 

(4)いよいよタクシーを呼びます。

 

写真_2017-09-17_13_13_32

 

最後にBook This Rideをおします。日本語で「このドライブを予約します」Bookって予約するって意味だそう。

 

相乗りタクシーに乗る時

(1)ピックアップ位置をセットすると、タクシーに乗る場所が指定されます。相乗りなので、拾ってもらいやすい場所まで移動します

(2)車のナンバーと運転手さんの顔写真が表示されます。車のナンバーを確認して乗り込みます。

(3)車到着までの時間が表示されます。それまでに、指定場所に行かないと、キャンセルになってしまいます。

(4)車に乗り込んだら、自分の名前を言います。

 

(5)自分の到着希望場所の近くで止まるので、降ります。

a

 

 

 

 

車の走っている方向は、地図に表示されます。

 

 

 

 

ll

 

使える地域

現在マンハッタンのみの使用(2017年9月)
ブルックリンや空港へは使えません。定額プランも最近登場したそう。(友人談)

<難しいと感じた点とアドバイス>

*現在位置をセットすると、「タクシーに乗る場所が指定」されますが、これが、慣れるまで少し大変。
道のどちら側にいればいいのか把握することが必須です。車の進行方向を把握すれば慣れて来ます。慣れるまでは、建物内などで呼ばず、時間に余裕を持つために、途中まで入力して道に出てから、Viaをセットしてました。

 

*車のナンバーを確認して乗り込みますが、アメリカのナンバーは6桁(日本は4桁)頭か末尾3桁で確認するのがオススメ。フロントガラスにviaのシールはありますが、あまり目だ立たないかも。

*現在位置をセットする時、地図を拡大して、なるべく正確にセットする(小さい地図でセットすると、結構ずれています)
*行きたい場所のセットする時、グーグルマップなどで、住所をコピー&ペーストすると簡単。
*homeに宿泊のホテルを登録しておくと便利。
*今回はホテル移動もしましたが、大きなスーツケースも自分で車に詰め込めば大丈夫。ただ、指定場所に行くのが少し大変でした。

 

 

私の失敗談

(1)最初に乗った時、降りる場所がわからず、とっさにピンポーンという音で、降りてしまいました(この音は、お客が登録された時の音らしい??)私が降りようとしたので、親切で?ドアを開けてくれたので、間違って降りてしまいました。でも、定額プランを申し込んだのもあって!?落ち着いてもう一度チャレンジ(笑)。偶然同じタクシーに拾ってもらいました。

この反省から、タクシーに乗ったら、グーグルマップで自分の現在位置を把握していました。(よく考えたらこれは当たり前よね?)

(2)マンハッタン中心部は渋滞していることが多いです。友人との待ち合わせに遅れるという失敗もしちゃいまいました。ピックアップにも15分以上かかったり、途中歩いたこともありました。時間に余裕がある時のみ利用ですね。

 

 

P1060044

私の感想

 

こんな便利なアプリを使えるようになったのは、ニューヨークに住むrougeちゃんのおかげ。滞在時間が少ないのに、行きたいお店がいっぱいあった!?私に教えてくれたもの。少し難しい操作も、一緒に練習したからできるようになったのです。

 

写真は、ニューヨーク到着後すぐにrougeちゃん夫妻と行った、ハンバーガー屋さん。ここで、ご主人も協力してくれて、アプリの登録したり、乗る練習したのです。本当にありがとう(^^)

 

使うまで、相乗りって少し怖い気がしましたが、実際使ってみると、とっても便利。仕事に向かう人、家族旅行の方などなど。使い慣れるまで少し時間がかかるけど、とってもいいサービスですね。最後は、運転手と2人だけの方が怖く感じるほど(笑)

途中、明らかに外人顔の男の子に流暢な日本語で話しかけられました「日本の方ですか?」「お仕事ですか?」私が観光だっていうと、とってもびっくりした様子で「日本人の旅行者が<Via> 使うの初めて見ました!!」だって。ちなみに彼は、来年日本の大学に留学する予定だそう。

そうそう、帰国時のケネディー空港へは、別のアプリ「Uber ウーバー」を使いました。Viaを使っていた私には、操作はとっても簡単。

呼んだ場所に来てくれるのは、便利ですが、「Via」は、ピックアップ場所まで移動する分安いのです。安いの大好き!!日本にも導入してもらいたいと思う今日この頃(^^)

ピックアップ記事