2017年 ハイアットホテル上級会員をめざす旅へ 

2017年ニューヨーク

はじめに

2017年10月。1泊2日 釜山の旅へ出かけました。今回旅の目的は、「パークハイアット釜山」に泊まること。実は2017年は、ホテル上級会員を目指す旅をしていました。

ホテルの上級会員は、航空会社の上級会員とは異なり、毎年更新が必要です。そのためホテル修行という言葉はあまり多く聞かれません。(稀にブログを書いている方がいますが)

私が一人旅に本格的に行くようになったのは、40歳を過ぎた頃からのこと。最初は、旅行会社のツアーに一人で参加して、途中強制的に寄られる免税店で、つまらない時間過ごしたこともありました。(免税店を免除すると追加料金発生)

その後、飛行機のポイント「マイル」を貯め始めました。同じ年に修行という手段で航空会社の上級会員になりました。

まだ、旅行も行ってないうちに上級会員になったのは、私がせっかちな性格だからです(笑)

ホテル上級会員を目指すきっかけ

個人旅行(航空券とホテルを個人手配)を始めて、思ったこと。ホテル選びに時間がかかるということ。どのホテルにしようか。最近は、ホテル選びサイトはありますが、

(1)元々の値段設定は、本当に正しいのか?
(2)口コミって誰の書いてあることは本当??
(3)お得ってそもそも何がお得なのか??

そんなことを考えたり調べているうちに、朝までネットで検索。寝不足で仕事に行ったことも(笑)

そして、やっと選んで泊まったホテル。他の方が良かったのかしら?などと「隣の芝生は青い現象」!?

毎回こんなことに時間を取られるのも、もったいない気がしてました。そんな時。旅友のたまなさんが、「ハイアットホテル会員を目指すのー」とのこと。私も真似してみることに。

ホテル上級会員とは?

ホテルの会員(メンバー)には、誰でもなれます(無料)
色々なホテルグループで存在していますが、モダンインテリアが大好きな私は、「ハイアットホテル上級会員」を目指してみることに。

上級会員には、「宿泊数」と「ベースポイント」で貯めることができます。

ベースポイント:宿泊費や食事代(お酒代は除く)金額でポイント加算されます。

 

スクリーンショット 2017-10-22 20.22.16

(画像は公式ホームページより)

 

私の目指している「ディスカバリスト」(10泊または25000ベースポイント)

特典で私の興味のあるもの

  • 上級会員専用カウンターでのスピーディーなチェックイン
  • レイトチェックアウトの申し出により、午後2時までご滞在を延長(一部の施設では空室状況に応じてのご提供)

 

ポイント&キャッシュ制度

このシステムが大のお気に入り。
メンバー(登録無料)の段階から、ポイントに現金を足して泊まることができます
このシステムは、ホテルごとに異なり、プランが出るかどうかはホームページで確認するしかありません。季節によって、出るときなどまちまちですが、見つけると嬉しい気持ちです。マイルだと1マイルでも貯まらないと航空券に変更できませんが、
この制度は、「半分はポイント」残りは現金で使えるところが気に入っています(完全ポイント制度もあり)

実際に使った例

ニューヨークの「アンダーズウオールストリート」<15000ポイント>➕<15000 USD(約17000円)>

1泊無料キャンペーン

2017年は、ハイアットグループ 「5ブランド宿泊」すると「1泊無料」(ホテルに制限あり)も目指して、すでに達成しました(2017年10月現在)

ちなみに、現在関東にあるハイアットグループはこちら。本日の時点で、価格の高い順に掲載してみました。

(1)「パークハイアット東京」(新宿)
(2)「アンダーズ 東京 虎ノ門」(虎ノ門)
(3)「ハイアットリージェンシー箱根」(箱根)
(4)「グランドハイアット東京」(六本木)
(5)「ハイアットリージェンシー東京」(新宿)

ここで、問題です(^^)

<質問>10泊達成の時は、どのホテルでもいいの?

<答え>大丈夫です!!

なので、なるべく安いホテルで10泊したいし、5ブランドも同時に達成したいということで、今年のハイアットホテル計画を始めたのです。

今年泊まったハイアットホテル

グランドハイアット台北 3泊
ハイアットリージェンシー香港 汐田 1泊
ハイアットプレイステンペ フェニックス (アリゾナ州)1泊
アンダーズウオールストリート(ニューヨーク) 2泊
ハイアットプレイスニューヨーク 1泊
パークハイアット釜山 1泊
グランドハイアット東京(六本木) coming soon

グランドハイアット台北

ハイアット修行第一弾は、台湾でした。
チェックインすると、本日満室のためと、スイートルームへ(1泊10万円)案内されました。
外出した時、ホテル玄関はスタッフ全員?でお客様をお出迎え。ヨーロッパの国旗をつけた黒塗りの車が到着。SPに囲まれた女性のお客様が降りてホテルへ。

一瞬の出来事でした。そして、その関係でアップグレードされたのかなあと推測しています(^^)

残念なことに、まだホテルの写真を撮影する習慣がありませんでした・・・。残念

ハイアットリージェンシー香港 汐田

2日間の休みが取れたので、1泊2日の弾丸旅へ。調味料を買いに行きました。街まで遠いのが難点だったけど、安くて大満足。

アンダーズウオールストリート(ニューヨーク)

憧れのNYへ。アンダーズは、ポイント&キャッシュが使えたので、2泊しました。マンハッタンまで少し距離があったけど、
NYに住む友人が教えてくれた相乗りタクシーViaが大活躍。憧れのセックス&ザシティーの撮影場所にも行ってきました。

パークハイアット釜山

「パークハイアットブランド」に泊まりたくて釜山へ1泊2日の旅。デルタマイルで往復できたのも釜山に行くきっかけになりました。

私の感想

印象に残っているのはNYの物価の高さ。「ハイアットプレイスニューヨーク」は1泊37000円。でもビジネスホテル並み。それでも、ポイントが貯まるのは心が安定します(笑)
逆にコスパが良かったのは、「パークハイアット釜山」 1泊2万円代で素敵ホテルに泊まれました。

「ハイアットプレイス ニューヨーク」のホテルは写真がありませんでした。素敵じゃないホテルこそ写真が必要だったかも。 それでも、ミッドタウンど真ん中の立地で便利でしたね。ちなみにアメリカ旅行は、ほぼ1泊で移動していたので、毎日パッキングしてました。

現在、ホテル検索サイトではなく、「ハイアット公式ホームページ」を時間があればみています。どこに新しくできたのか?
安いホテルはどこだろう。結局ね、検索しているのは同じです(笑)

この修行が、どれだけ良かったか、本当にわかるのは来年(2018年)になってからでしょう。備忘録も含めて、旅行記を書きました。

ハイアット公式ホームページはこちら

ワールドオブハイアット(会員登録)はこちら

ピックアップ記事