Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

<SIMフリー携帯とは>

海外で使えるSIMフリー携帯とは? 現在の私の使い方を含めてご紹介しています

 

SIMの歴史

SIMカード(携帯電話サービス等の契約者を特定するための情報を記録したICカード)は海外では自由化されていたにも関わらず、日本では大きな規制がありました。

携帯各社が端末を販売する時に、端末(携帯本体)に対して「SIMロック」=「SIMを勝手に入れ替えられない状態」が続いていました。

他社のSIMを入れるためには、その制限を解除する必要があり、それを「SIMロック解除」と言います。そして解除されない時代が長く続きます。

 

2015年総務省「SIMロック解除原則義務化」が発表

「SIMロック解除」した携帯は「SIMフリー状態」になり、他社のSIM(日本の格安通信会社や海外も可能)を入れられるようになりました。当時はSIMフリー端末を購入する必要がありましたが、現在はある一定期間をすぎると原則無料でSIMロックを解除されることに(2017年 総務省発表)

このお話は難しいので、総務省のホームページをどうぞ。

 

私の場合

SIMロックが解除になった後に、「SIMフリー携帯」を購入しました。具体的にはiPhoneSEを購入。当時アップルショップの店頭では売り切れ続出で、店員さんのアドバイスでオンラインショップで購入しました。入荷未定の状態が続いていましたが、注文から1ヶ月半で入荷して無事に購入。

アップルショップの店員さんの話より

SIM解禁後の、iPhoneを購入したほとんどのお客は、docomo・ソフトバンク・auなどの大手携帯通信会社から、格安携帯へ乗り換えのためだったそう。そして「SIMフリー携帯」の中でも一番安い「SE] が人気だったとのこと。

購入時は、SIMフリーかどうかを確認してくださいね。同じ機種でもSIMフリーとそうでないものがある場合があります。 (アップルホームページはこちら)

 

格安携帯と海外SIMカード購入

SIMフリー携帯を購入後、普段の生活ではauから、楽天モバイルへ乗り換え。1ヶ月1万円から約4000円台の支払いダウン。携帯代金はかかりましたが、満足のある買い物でした。

そしてこの時から、海外に旅行に行く時は、海外で使用できる「SIMカード」を購入して、現地で自分のiPhoneにSIMを挿入して、現地で使うようになりました。それまでは、空港でMobile Wi-Fiをレンタルしていましたが、この方法は、現地で便利です。

こちらのブログでは、海外に行ったときに、どこのSIMカードを購入したかをご紹介しています。よかったら参考にしてくださいね(^^)

 

そして、小さなSIMの管理はこちらで行っています。

こちらのシリーズは黒色もありますが、私が使っているのは、色がいっぱいのこちら。携帯のSIMカードを出し入れするピンも便利です。そして最近の私の旅グッズはあえて派手な色にしています。 旅先の疲れもあって、一目でわかるのは重要だからだと思っているからです(^^)

 

AKOs Kaden Life

海外家電好きです。
大型キッチン家電や旅行中の音楽機器について綴っています。

AKOs Dog Life

一人暮らしで犬を飼っています。
ペットホテルに預けるために日々工夫していること、海外での犬グッズ購入などを綴っています