<インドネシア>アマンダリ・アマンキラ宿泊感想

はじめに

2018年10月  インドネシア4泊5日の旅に出かけました。

旅の行程

行き
羽田→シンガポール(1泊)JAL
シンガポール→デンバサール ガルーダ航空

帰り
デンバサール →シンガポール(シンガポール航空・乗り継ぎ)
シンガポール→羽田(JAL)

今回の旅の目的

今回の旅の目的は、高級リゾートホテル「アマン」に泊まること。アマンは超高級リゾートですが、その中でも比較的お値段がお手軽価格のインドネシアのアマン。ということで、インドネシアの旅を計画しました。

どこのアマンに泊まる?

インドネシア バリ島にあるアマンは3箇所

アマンダリ
アマンキラ
アマンヌサ

ここで、先にバリ島のざっくりした位置関係を整理したいと思います

バリ島は主に「山側」と「海側」に分かれます。

今回はウブドと呼ばれる、アユン渓谷の山側の「アマンダリ」と 海側の「アマンキラ」に1泊ずつ宿泊しました。
バリ島の旅は4泊の予定だったので、残り2泊をどこにするのかも迷いに迷いました。そして最近できたばかりの星のやバリに宿泊することにしました。
とにかくホテルは、予算に限界があるから、「あーでもない。こーでもない」と迷いに迷って約1ヶ月間。旅行の計画は楽しいって言うけど、これは仕事以上に大変でした(笑)

私が泊まったホテル

空港→星のやバリ(2泊)
2番目のホテル→アマンダリ (1泊)
3番目のホテル→アマンキラ(1泊)

アマン同士で移動したいこと。最後にアマンにしたかったことで、この順番にしました。星のやバリの宿泊感想は後ほど。

アマンダリ宿泊感想

人生初のアマン。
お迎えの車から降りると、子供達がお花を頭からかけてくれて歓迎してくれました。

そして、簡単なチェックインをしてお部屋に案内されました。お部屋までの道はこんな感じです。

今回はアユン渓谷が見えるお部屋へ。広ーい!

部屋も広いのですが、なんといっても天井がたか〜い!!

洗面所はこちらの写真と全く同じ洗面台が反対側にも設置。

シャワールームのシャンプー類は、すべて陶器に入ってました。

洗面所の奥には露店風呂がありました。上を見上げると空が見えました(^^)

そしてベランダ。アユン渓谷が見えました。興奮して、まだ暗いうちから起きちゃいました。朝になるのを楽しみました。

そして、雑誌で見て憧れていたプール。実際に自分の目で見て感動(^^)
こちらのプールはちょっぴり泳いでみましたが、以外と深いくて足がつかないのです。観賞用です(笑)

レストランでは、ナシゴレンをいただきました。お味は普通かな・・。

アクティビティー

(アクティビティーとは? 活気。活動。特に、リゾート地などでのさまざまな遊びについていう。宿泊者限定で申し込めることが多い)

今回は「トレッキング」を申し込んでみました。

バリ島の美しさを堪能するなら、トレッキングが最も簡単な方法かもしれません。アマンダリの熟練ガイドが所用時間1時間から4時間程度の冒険へとお連れいたします。丘を登ると全体的に見渡すことのできる棚田が現れます。(ホテル案内より)

今回は1時間でお願いしました。最初に時間でお願いするのではなく、1時間歩いたところで、まだ続けるかを聞かれて、「もう十分」と答えて終了しました(^^)

ホテルから、トラッキングオススメの場所まで車で移動します。さあウオーキング開始!!

農家も見学させていただきました。

インドネシア米を精米している様子。ちなみにインドネシアは1年で3回お米ができるそう(ちなみに日本は1回)

途中ダムを通りました。

橋から見た風景は感激。まるでジャングルみたい

バナナの木も間近で見ました。

こんな風景を見てちょうど1時間でした。すでにお迎えの車が来てくれていました。車の中で冷たいおしぼりとお水をいただいてホット一息。アマンダリに戻りました。

アマンダリ 朝食

一度部屋に戻ってシャワーを浴びて朝食をいただきました。実際にはブランチの時間になっていましたね。

いただいたのはオムレツ。普通に美味しいお味でした。でもこの離れの場所でいただいたから何倍も美味しく感じました(^^)

 

今回は1泊だったので、これでおしまい・・・。さあアマンキラに行きます。次ページは、アマンキラの感想です。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。