<スペイン周遊旅>私が買ったガイドブック6冊

はじめに

2019年・9月。スペイン周遊14日間の旅に出かけました。個人旅行で計画に約1年あったため、色々調べまくりました。旅のルート作りやグルメのためなど、目的も様々で購入したガイドブックです。感想を含めてご紹介します。

 

スペイン周遊旅ルート

今回は、アンダルシア地方・バルセロナ・バスク地方・マドリードを訪ねました。

 

買ったガイドブック

 

aruco スペイン

 

最近arucoシリーズがお気に入りです。スペイン旅が決まったと同時に最初に買いました。女子向けなので見やすいことと。全体のイメージが掴みやすいことが目的でした。

地球の歩き方

王道の地球の歩き方。周遊旅には必須だと思います。電車の移動方法はこれで調べました。ちょっと読みづらいのが難点ですが、辞書的感覚ですね。

CREA

こちらは、バックナンバーです。アマゾンで購入しました。CREAの旅シリーズは大好きで、端から端まで読みました。得に参考にしたのはアンダルシア地方。この本に掲載された街を選びました。「グランダ」「コルドバ」「セビージャ 」に行くことを決めたのはこの本がきっかけです。写真も綺麗でおすすめの本です。バスク地方の記事も詳しく書かれていて良かったですね。旅の計画の途中で下の本が発売になってバスク地方はそちらの方を参考にしました。

美食の街を訪ねて スペイン&フランスバスク旅へ

バスク地方のガイドブック。サンセバスチャンやオンダリビアで私が出会った日本人の方はすべてこの本を持っていましたね(^^) 同じ情報で移動している気配はありますが(笑)この本に掲載されているバルはどれも良かったです。よく書かれている本だと思います。おすすめの本です。2019年1月に出版されました。

FIGARO 大好きがたくさん詰まったおいしくて可愛いバスク

こちらは、バックナンバーでアマゾンで購入しました。その時は上記の「美食の街を訪ねて スペイン&フランスバスク旅へ」がまだ出版されていませんでしたが、今だったら買わなくてもいいかも!?雑誌で写真が綺麗といった感じですね。

 

るるぶ

るるぶは旅のルート作りに迷っている時に、本屋さんで見つけて買った本。写真が大きくて見やすいこと。特にアンダルシア地方での電車移動が1つの図になっていて、それだけでも買った価値があると思いました。るるぶって最近買わななかったけど、意外とよかったです(^^)

 

私がスペインに持っていった本

 

上記の「るるぶ」と「FIGARO」以外はすべて持って行きました。るるぶを置いていった理由は、地球の歩き方を優先して持っていったからです。やっぱり地球の歩き方の交通情報はすごいですね。ただ「るるぶ」は14日間の旅を自宅で計画する時には、簡潔に書いてあって便利だったかなと思います。

今回パソコンも持って行きましたが、ネットの情報ではまかないきれないことがあると思います。でも本って本当に重たいですね。今回の旅では次の街に行く時。ガイドブックのその部分を破って処分したり。。工夫して暮らしました。

まとめ

ガイドブックは重たいけれど、現地では調達できない貴重な物だと思います。無事に旅を終えることができたのはガイドブックで最終確認をしたからだと思っています。でも重かった〜(笑)

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。