<スペイン アンダルシア>グラナダパラドール宿泊感想〜世界遺産アルハンブラ宮殿敷地内に位置〜

はじめに

2019年9月 スペインアンダルシア地方グラナダパラドールに1泊2日しました。想像以上にとても良かったです。レストラン情報を含めて書きたいと思います。

パラドール

スペインの国営のホテルチェーンのこと。古城、貴族や領主の館、または修道院などを改修した、観光客向けのホテル。スペインには90箇所以上のパラドールがあります。ちなみにグラナダのパラドールは元修道院です。

グラナダパラドール

全体図

こちらのパラドールはなんと世界遺産のアルハンブラ宮殿の中に位置しています。宮殿もとっても広ーい。

パラドールはアルハンブラ宮殿のチケットがなくても自由に入れます。アルハンブラ宮殿の無料エリアなんです。有料チケットエリアも一応ここでご紹介しておきますね。

 

アルハンブラ宮殿感想は、有料エリアやチケット購入も含めてこちらの記事に書いています。

パラドール入り口

 

レストラン

レストランは1カ所です。しつこいですがここはアルハンブラ宮殿の入場チケットがなくても利用できます

テラス席

昼間はお天気が良くてテラス席を選びました。

今回はサラダをオーダー。手作りのツナも含めてめちゃくちゃ美味しかったですね。

ただ昼間はめちゃくちゃ混んでいました。オーダーまで軽く15分くらい。さらにメニューが届くまでにも15分くらいかかったかな。時間に余裕は必要ですね。私は昼間は予約しないで伺いました。

室内席

夕食と朝食の2回利用しました。夕食はチェックインの時に予約しておきました。お客様がいたので、全体の写真がありませんが、白いテーブルクロス。雰囲気はこんな感じ。伝わりますか?

この写真は朝食の時にとったので、外の風景も見えます。

窓から見えるテラス席が、昼間サラダランチをいただいた場所です。

夜のメニュー

 

白いテーブルナプキンがあって、1人で利用にはちょっぴり緊張したけど、フロントから予約を入れていただいたので、ウエイターもフレンドリー。アラカルトでいただきたいことを伝えると、メニューを丁寧に説明していただきました。今回は野菜と豆の煮込みをオーダーしたのですが・・・

なんと最初にスープが運ばれてきたの。これはサービスみたい。エビのエキスがたくさん入ったスープでめちゃくちゃ美味しかったです。

 

今度は、私の頼んだ野菜と豆の煮込みが運ばれてきました。なんだかメニューが似通ってしまいました。ウエイターさんが、冷たい野菜メニューを進めてくれた理由がわかったけど後の祭り(笑)9月でも朝晩は薄手のセーターがいるくらい寒かったので暖かいお料理でほっこりしました。そしてこれもとっても美味しかったです。

周りを見渡すとほとんどの方がコースで頼んでいたのかな。でもアラカルトメニューも充実しているのでオススメです。これにパンがついてきました。

朝食

翌朝は、同じレストランで朝食をいただきました。今回のパラドール宿泊は全て朝食込みでの予約でした。

スペインの朝食で定番のスペインオムレツ

スペインはパンも美味しい!

サラダがセットされているのも良かったです。

生ハムもあります。

チーズも充実

ガスパチョもありました。

ガスパチョ発祥の地はスペインのアンダルシア地方である。初期のガスパチョはパン、ニンニク食塩・酢・水だけから成っていたが、19世紀までにはトマト、きゅうりなどが入るようになった。(ウキペディアより)

昨夜食べた野菜と豆の煮込みもあったけど、朝はパスしました(^^)この他に卵料理もオーダーできたようでしたが、生ハムなどを食べていたらお腹いっぱいでパスしちゃいました。このレストランは、今回スペインで宿泊したパラドール中で、一番気に入りました。一番美味しかったです。

さてさて、食べ物の話ばかりでしたね。

お部屋の様子

 

景色のいい部屋を予約したので、窓からの風景も素敵。

こんな感じです。動画でご紹介しますね。

パラドール館内

 

廊下の様子です。中庭が見えます。

ここは、宿泊者専用の中庭スペース。でもいつも誰もいなかったかな(笑)

予約時期

私はスペイン旅行の計画と同時に、約1年前に予約しました。代理店の話でも最低半年前には予約しないと満室になってしまうそうです。

まとめ

スペイン旅での最初に宿泊したパラドール。景色のいい部屋を指定しましたこともよかったです。景色も重要ですね。アルハンブラ宮殿敷地内にあるので宮殿の見学ものんびり楽しめました。途中シャワーを浴びに部屋に戻ったりとリフレッシュして見学できたのも良かったです。アンダルシア地方に行くならぜひオススメです!!

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。