<名古屋>ひつまぶしはカリカリうなぎで美味しい「うな富士」

はじめに

この記事は2020年6月に書いています。現在コロナウイルス外出自粛解除中ですが、今年は国内旅が中心になると考えているので、過去に出かけた国内旅の写真を整理して、もう一度行きたいところや食べたいものを綴りたいと思います。

名古屋日帰り旅

2018年4月、名古屋日帰り旅行に出かけました。

旅の目的は、名古屋のカリカリ焼きうなぎを食べること。グルメな友人の@aiaikokekokkoさんが案内してくれました。

名古屋のうなぎは「カリカリ焼き」って聞いて一度食べてみたいと思っていたの。

うなぎ好きの方ならよだれが出るでしょう(笑)

 

さて、うなぎの焼き方って地方で違うんですね。

うなぎの焼き方

東と西の違い

インターネット情報ですが、ほとんどのサイトで同じ情報なので、ここで共有しちゃいます。

東では、蒸してから焼くことで、やわらかく仕上がり、脂が落ちて、さっぱりした味でいただくことができる。西は、うなぎの脂を上手に「焼き」に活かすことで、パリッと香ばしく出来上がる。

東は背中から開くが、西は腹から開く。その理由が、江戸時代、武士社会であった関東で腹を開くことは「切腹」をイメージさせるため、背から開くようになった。

難しい理屈はともかく、名古屋のカリカリうなぎを食べたら一気に大ファンに!! 実はこの後東京で蒸したうなぎを食べたら、ちょっぴり不満。今までは大好きだったのにー〜〜。

 

ピンボケ写真でごめんなさい。こちらは私がオーダーした「肝付きひつまぶし」これは本当に絶品!!

ひつまぶし

ウナギの蒲焼を用いた日本の料理で名古屋めしのひとつ。最後は薬味と一緒にお茶漬けにしていただきます。

 

うな富士

今回友人が選んでくれたお店です。人気店で外で1時間近く以上並びました。並ぶのは前提になっているようで、たくさんの椅子は用意されています。私がマイルを貯めたいと中部空港から出かけたのも到着が遅くなっちゃった理由。さらに空港にまでお迎えに来てくれてありがとう。また行きたいでーす!!

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。