<クレジットカード>SPG アメリカンエクスプレスに入会。お気に入り特典3つ 

はじめに

2020年2月「spg アメリカンエクスプレスカード」を作りました。 旅行に強いクレジットカードとして何度か耳にした事はありましたが、実際に使ってみてよかったので感想を書いてみたいと思います。

spg アメリカンエクスプレスカード

ホテルグループspg(スターウッドグループ)とアメリカンエクスプレスカードがコラボしたクレジットカードです。spgホテルグループは、日本では「シェラトンホテル」「ウエスティンホテル」などがありますね。

実はこのクレジットカードについては多くのブログがあります。なのでここでは、客観的ではなく私の主観を大きく入れて(笑)書いてみたいと思います。

デメリット

先に大きなデメリットから。最大の問題は年会費。消費税を入れると34100円。色々な特典があるので、このカードだけで考えれば十分候補だったのですが、現在私はマイル修行をして「JALのJGC会員」と「ANAのSFC会員」です。これは1年間で一定の飛行機に乗った時にもらえるフライトマイル(注意:ショッピングマイルではありません)を達成すると、特定のクレジットカードに入会できるシステム。現在このクレジットカードを持っていれば最低限の上級会員(JGC、SFC会員)が保証されています。マイル修行をするのは、このクレジットカードに入会するためなのです。

話は長くなりましたが、私の場合はJALとANA両方の会員。。ということでJALカードとANAカードの2つを所有しています。2つのクレジットの年会費の合計は約6万円弱。でもこれは一生大切にしたい!!!

そんな環境の中で、この「spg アメックスカード」を持つのかどうかで悩んでいたのです。だって3つのクレジットカードを持ったら、クレジットカード代だけで年間約10万円弱。旅行に行けちゃう・・・。

spg アメリカンエクスプレスカードを知ってから悩むこと 数年・・・。2020年2月に入会しました。

入会したきっかけ

入会したきっかけは2018年8月18日、世界最大のホテル会員プログラム「マリオット リワード」が「スターウッド・プリファード・ゲスト(SPG)」と統合し、新プログラム「マリオット ボンヴォイ」となったこと。これで一気に利用できるホテルが増えたのです。この機会にこのクレジットカードに申し込みすることにしました。

さて、そんな私が思い切って入会した魅力的な3つの特典をご紹介します。

今回の特典の魅力は「アメックスカード」と「マリオットボンヴェイ」の両方が関係しています。なので両方の公式ホームページもリンクしておきますが、それだけだと理解しずらいと思う(私も分かりにくかった)ので内容ごとに公式の説明の部分にリンクできるようにしておきました。詳しく知りたい方はリンク記事でどうぞ。

マリオットボンヴォイ 公式ホームページ こちら

spgアメックスカード 公式ホームページ こちら

魅力BEST3

まずは私がよかったと思う魅力ベスト3をご紹介します。

    1. マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員になれる
    2. ポイントを各社のマイルに交換することができる
    3. 無料宿泊特典(入会1年後からの継続特典 ただしホテルランクは限られています)

 

マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員

 

マリオットボンヴォイの会員はこちらのクレジットカードに入らなくても誰でも無料で入会できます。だだこのクレジットカードを持っているだけで、ゴールドエリート会員になることができます。これはすでに25泊したのと同じ扱いです。ゴールドエリート会員の魅力の中で特に私が気に入ったものをご紹介します。

  • 空室があればお部屋をアップグレード
  • 14時までのレイトチェックアウト
  • 滞在ごとに25%のボーナスポイント

公式ホームページ ゴールドエリート会員説明はこちら

空室があればお部屋をアップグレードしてもらえます。これは実際に体験済みです。2020年2月の台湾旅行で2つのホテルでアップグレードしてもらえました。これは感激!!

そして旅行先でのレイトチェックアウトも本当に便利ですね。

この上のクラスの上の50泊するとなれるプラチナエリート会員になるために、修行している方のブログも多く見かけました。ただしこれは翌年1年のみに有効です。でもいつかやっちゃうかも(笑) これはもちろん公式ホームページの記事にはないので「マリオットボンヴェイ プラチナチャレンジ」でネット検索してみてくださいね。

ハイアットと比較して

過去にハイアットホテル修行をしたことがありますが挫折しちゃいました。理由はお値段のこと。ハイアットホテルのインテリアが大好きではじめたのですが、ハイアットグループのホテルは、最低料金が高めです。現在は上級会員は諦めて本当に泊まりたい時だけ利用しています。まだ細々ポイントを貯めていますよ。

さてそれに比べて、spgホテルグループはマリオットと合併したことで、1万円代のホテルも選択肢にあることが大きいですね。ホテル上級会員の特典を目指すには、ハイアットに比べて低価格でできると思います。それとホテルの選択肢が多いので駅の近くのホテルを探すことができることも弾丸旅派の私にはぴったり。

実はこのクレジットカードに入会することを最後に決めたきっかけは、2019年2週間のスペイン旅行のマドリードで宿泊したホテルがマリオットだったこと。選んだ理由は、翌日帰国する日ための前泊ホテルで、隣がデパートだったこと(^^)

この時は、ブッキングコムで確か13000円くらいで予約しました。後になってこちらのホテルグループだと知りました。以前から迷っていたのですが、またホテルグループに加入してサービスを受けてみようかと・・・懲りない性格です(^^)

ホテルには思いれがあって・・話が長くなっちゃいました。クレジットカードの魅力のお話続きます。

各航空会社のマイルに無期限交換

こちらも大きな魅力の1つです。

JALやANAカードは自社のマイルにしか交換できませんが、こちらは40社以上の航空会社のマイルに交換できます。私の場合は、JALやANAのマイルがちょっぴり足りない時にも便利そう。マイルを使った特典航空券って1マイルでも足りないと交換できないのですよね。。

ただこのシステムがちょっぴり分かりにくかった私。アメックスカードの入会キャンペーンでもらえるポイントはホテルポイントなのです。なのでマイル希望者は交換する必要があるのですね。一定以上のポイントをためれば、ボーナスマイルがもらえます。さらに一定の規約を守れば無期限で交換可能。無期限も大きなメリットですね。

以下のリンクに詳しく書いてありますよ!! 40社以上の航空会社もこんなにあるのねー。

マリオットボンヴォイ 公式ホームページ ポイントをマイルに移行 こちら

 

無料宿泊特典

これはクレジットを継続した時のプレゼントです。入会と同時にはもらえません(笑)私は入会してまだ1年経っていないので、実際に体験してはいませんが、50,000Marriott Bonvoyポイントのホテルに1泊無料宿泊できます。

5万ポイントってどんなホテル?

現在コロナウイルス中で、ホテルの価格が値下がりしているため正確な情報ではありませんが目安になるホテルを調べてみました。50000ポイントぴったりのホテルです。本日の検索ではベトナムだと30000ポイント程度。フランスパリはぴったり50000ポイントは見つからずでしたね。

  • ウエスティン 京都ホテル
  • JWマリオット ホテル香港
  • W台北

世界各地のホテルで無料の滞在が楽しめる<ご継続ボーナス:無料宿泊特典> 説明はこちら

 

続いてはおまけの特典です。

手荷物無料宅配サービス

これはアメックスカード全般のサービスですが、空港から宅急便が1個無料配送できます。ただし羽田空港は対象外。成田空港はOKなのですが、羽田空港愛用者としてはちょっぴり残念。小さく書かれているサービスですが、お買い物大好きな方なら知っておけば便利なサービスですね。

手荷物無料宅配サービス 対象空港 こちら

友人紹介サービス

こちらのクレジットカードは、友人から紹介してもらうとお互いにポイントがもらえる制度があります。入会者は最大6000ホテルポイントがプラスしてもらえる仕組みです。もし近くにお友達がいたらぜひ紹介してもらってくださいね。よかったら私でも大丈夫です。お問い合わせメールをいただければ、折り返しご紹介URLを送りますのでそちらに記入して入会していただければOKです(個人情報を交換する必要はありません)質問も書けるようにしておきましたのでよかったらぜひ(^^)

最後に

私は散々悩んで入会したら、2020年コロナウイルスでお出かけするどころではなくなっちゃいました。やっぱりなんでも思った時に行動しなければと思う反面、こういうホテルグループのサービスを利用すると旅行費全体の料金が上がることも経験済み。旅行の回数よりも、ホテルライフを充実して過ごしたい人におすすめです。最近は普段の買い物をアメックスカードを使ってコツコツマイルを貯めています。外出自粛生活で私の旅人生でいちばんマイルが貯まりそうです。またいつかヨーロッパに行きたいな。そしていつかプラチナ会員になるためにホテル修行もしちゃいそうで怖いと思う今日この頃です(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。