<台湾桃園国際空港> 中華電信でSIMカードを購入

はじめに

2017年2月、台北3泊4日の旅に出かけました。空港でSIMカードを購入しました。

中華電信

今回の旅行は、行きは桃園国際空港。帰りは松山国際空港でしたが、どちらにもありました。

上の写真は桃園国際空港、入国手続き後の場所にあります。観光案内の隣あたりです。ちなみに帰りの松山国際空港にも同じ会社が同じ看板でありました。

 

空港内は「電信」の文字に従えば簡単に到着できます。

まずメニューを見せられます。

今回は3泊4日だったので、5日コースを選択。
BコースとCコースは同じ5日間でも値段は違う。念のため、データー通信の早い方を選択。500台湾ドル(約1800円)

やすーい!!

パスポートを提示して簡単な契約書にサインしてお金を払えばOK。携帯にSIMをセットしてくれて終了。
所用時間は10分ぐらいでしょうか。5から6人くらい並んでいましたが、サクサク進んでいましたね。

まとめ

台湾は漢字表記なのでわかりやすいですね。空港でSIMを買うのはオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。