<アメリカ セドナ >航空券・乗り継ぎに選んだ空港とは〜世界のパワースポット「セドナ」への航空券

はじめに

2017年アメリカ・アリゾナ州の中北部にあるセドナに行ってきました。セドナの街の最寄りの空港はフェニックス空港です。現在日本からフェニックス空港への直行便はありません。今回はシカゴで乗り換えました。なぜシカゴ乗り換えなのかを書いてみたいと思います。

 

セドナ

アメリカ・アリゾナ州にあるセドナ。ネイティブアメリカンの聖地として、昔から聖なる儀式と祈りの場だったそう。今ではパワースポットとして注目されている場所です。トムクルーズの別荘もあると言われている高級別荘地でもあります。

日本から旅のルート

日本からの直行便はありません。日本からは20時間以上かかります。

成田→シカゴ空港(約12時間 JAL )

シカゴ空港→フェニックス空港(約3時間半 アメリカン航空)

フェニックス空港→エンチャンメントリゾートホテル (約2時間半 個人手配車)

 

私がシカゴ乗り換えを選んだ理由

私はアップグレードでビジネスクラスが比較的取りやすい路線を選びました。あくまで噂ですが実際にアップグレードできました。

アップグレード対象エコノミー券とは、通常のエコノミー航空券より少し高額です。マイルを使って、席をアップグレードしてもらうことができる航空券のことを言います。

ちなみにそのほかの乗り換え候補空港は「ダラス空港」「サンフランシスコ空港」「ロサンゼルス」経由などがあるようですね。特にロサンゼルス空港経由は人気だそうですが、出国手続きが混んでいるそうなので、乗り換え時間は気をつけた方がいいという情報もありますね。

旅のきっかけ

ニューヨーク1人旅を計画中に、友人のたまなさんにどの季節がオススメか聞いたことがきっかけ。

「ニューヨーク行くならセドナに一緒に行かない?」ちょうどご夫婦でセドナ旅行を計画していたところだったそう。

私はすぐに「行く〜!!」と返事をしました。

彼女のブログにはセドナでのツアーの会社も紹介されています。とってもいいツアーだったのでぜひ参考にどうぞ!

美食同源ブログ:セドナ の4大ボルテックスツアーの見どころ記事はこちら

 

アメリカ国内乗り継ぎ

さて人生初めての乗り継ぎ。それも巨大なアメリカの空港での乗り継ぎにドキドキしました。しかも、ターミナルは電車移動。さら国内線の2時間の遅延。遅延のためターミナルの移動もありました。

万が一欠航になった時の手配も彼女がやってくれて・・・。とにかく今回は旅行に慣れていて、かつてアメリカの大学院に行っていたという、たまなさんが一緒だったので何事もスムーズでした。彼女からは、「離れなきゃ大丈夫よー」って(笑)

ふーー。本当に一緒で良かった・・・。

アメリカの乗り継ぎの荷物は預け直しが必要

現在アメリカはセキュリティーチェックが厳しく、最終目的地で荷物受け取りではできません。シカゴ空港で一度荷物を受け取り、フェニックス空港に向かうアメリカン航空でもう一度、荷物を預けなおす必要があります。これも時間がかかる1つの原因です。

アメリカのセキュリティーチェックは本当に厳しいです。脇の下の汗や、ここだけの恥ずかしい話ですが・・・ちょっぴりおりものがついたショーツの上からも触られました。もちろん女性検査官ですが本当に緊張しました。

9・11事件があったから仕方はないとは思うものの、液体の検査を含めてめちゃくちゃ時間がかかります。乗り継ぎは時間に余裕を持って。

 

P1050652

今回の旅計画の反省点

セドナ行きは、ニューヨークへの旅の途中に絡めたので、セドナの街になんと1泊の旅(正確には28時間)になってしまいました。失敗した理由はアップグレードをマイルを使ったため、急いで予約したことも失敗の一つ。ビジネスクラスの席が1つしか空いてなくて焦っちゃったのでした。予約しただけでは席を押さえられないので支払いまで完了しなくちゃいけなかったのです。

セドナの最寄り空港のフェニックス空港からニューヨーク(JFK空港)は、朝8時発のフライトで夕方着を選んだことも滞在時間が短くなってしまいました。ニューヨークに夜遅く到着する便は、さすがに怖かったからです。。そのためフェニックス空港のそばに、前泊というプランになってしまいました。飛行機出発時間も旅時間に大きく影響しますね。この旅では、友人のたまなさんが、とっても配慮してくれて、時間を有効に使えるように計画してくれたので。実はそんなに苦労していないのですが・・・でも一人旅の時は、もっと計画を慎重にしなくちゃです・・。

まとめ

今までの私の旅で一番の長旅でした。それでも、セドナの山を見たら、長旅の疲労も吹っ飛びました。現在旅の感動「ベスト1」です。本当に自然ってすごい!!

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。